座・ガモール 2号店

若き匠の技、そして伝統の味の逸品市

日本の文化の創生地「京都」に息づく上方の文化。人の手で受け継がれる伝統工芸品、今も若き匠たちがその技を新しい時代に向けて育て続けています。また、独自の文化を築いてきたお茶、さらに京野菜などを生かした食、昔から親しまれたお菓子。そんな京都の暮らしをぜひ、ここで触れて、味わってみてください。

5月14日(日)はオープニングセレモニーのため、12:00開店となります。

京都伝統の味

京つけもの 西利

「旬・おいしくやさしく」を目標に、厳選された京野菜をきめ細かな製法と塩加減で作られた絶妙な味のお漬物です。西利の思いやりのこもった、美味しいお漬物をお楽しみください。

井筒八ッ橋本舗

箏曲八橋流の祖・八橋検校の遺徳を継承して作られた琴姿の堅焼煎餅「八ッ橋」を1805年の創業から作り続けています。江戸時代から親しまれた味を巣鴨でお楽しみください。

福寿園

創業1790年 日本の文化創世の地、京都にて親しまれ続けている老舗のお茶屋さん。「現在(いま)」革新の手段で「未来(あす)」に灯し続ける二百年伝統の味わいをお楽しみください。

野村佃煮

昭和6年、錦市場に開いた小さな惣菜店からスタート。素材の持ち味を大切にするという 独自の佃煮づくりは今も継承されています。風味豊かな京の味をお楽しみください。

ものづくり若手の匠

小菱屋忠兵衞 小嶋商店

小菱屋忠兵衞は、現代では数少ない伝統的な「京提灯」の担い手であり、 「京提灯」の 技術をベースに新たなプロダクト、空間の創造を行っています。
http://ko-chube.com/

京ジュエリーデザイナー 「naeclose」西紗苗

京都・三条にあるレトロモダンなアクセサリーショップを拠点にアクセサリーの制作・販売・教室を運営されています。「持っていること・身につけること・見ること」によって嬉しくなるアクセサリーを目指してひとつひとつ、作り上げています。
http://naeclose.com/

竹中金彩

takenaka kinsaiは「きもの」の世界で培った金彩の技を「食」「住」の分野で展開する京都・嵯峨嵐山の金彩工房によるブランド。
現代的なライフスタイルを見据え、金彩の世界を手軽に楽しめるアイテムをご提案しています。
http://www.takenaka-kinsai.jp/

つづれ織工房 おりこと 森紗恵子

西陣の「爪掻き本綴織」織元で帯の職人を経た後、、オリジナル・オーダーデザインの小物の生産販売を始めました。
一般的な綴織よりも細い糸を用いた細かな柄と、薄く張りのある生地を生かした立体的な作品づくりに取り組んでいます。
http://www.oricoto.com/

京焼東福窯 中村源水

京焼の伝統を守りつつ常に新しい美を追求する若き陶芸家. 自由・未来・夢・愛をテーマ とした私の作品を通して、陶芸という京文化・日本文化を担う一つの点がこれからの世界 を結ぶ線となれるように願いを込めて
http://www.kyoto-gensui.com/

座・ガモール2号店へのアクセス

近くて東北、逸品市「座・ガモール1号店」5/14(土)同日オープンします。